新しい人生を彩る一軒家。二人の希望は「自宅にビリヤードルームをつくりたい」

滋賀県の近江八幡市、琵琶湖最大の内湖として知られる西の湖の湖畔にある閑静な住宅地。湖から吹き付ける風が心地いい開放感もある立地に新居を構えられたM様ご夫妻。
趣味のビリヤードを通じて知り合った仲良しカップルです。

1階入ってすぐ、なんと専用のビリヤードルームがスタンバイ!
これから歩まれる幸せな生活を、どっしりと重厚なビリヤード台が見守ってくれることでしょう。
施主 M様

(中央)施工主 M様ご夫婦
(左)株式会社 BESS京神 営業部長 岩越興二さん
(右)当社担当 京都営業所 営業 空間アドバイザー 安田弘一


木の香りに包まれながら初々しく新婚生活をスタート

趣味のビリヤードを通じて愛を育んだ新婚ほやほやのカップル
専用のビリヤードルームを完備した新居は「住む」より「楽しむ」をポイントにした新しい価値観で満たされた空間

……真っ黒なガルバリウムの壁面に覆われたクールな外観。しかし、ぽっかり開いた玄関から中に入ると木の温もりあふれるログハウス。そのギャップにまず驚きました。

一面のガルバリウムに謎めいた穴だけが開いた正体不明の怪人マスク風【ファントムマスク】プランを採用。ミステリアスでクールな仮面の向こうには柔らかな木の表情の家が!

ご主人様
遊び心のある家なんです(笑)。二人とも滋賀の出身なので、結婚して住むのは湖のほとりがいいなぁって。このあたりはとっても静かで、本当に風が気持ちいいんですよ。そしてそんな自然環境に家を建てるのですから、絶対にナチュラルな木の家と決めていたんです。
奥様
木に囲まれていると森林浴のように癒されるじゃないですか。癒しと同時に個性も主張する家にしたい。そこでログハウスを中心に様々な自然派個性住宅を世に送り出してこられた【BESS】さんにお願いしたんです。自然素材に精通されている会社なので、そのノウハウを生かしたステキな空間が完成しました。
岩越様
弊社の"WANDER DEVICE(ワンダーデバイス)"というプランをご利用いただきました。ワンダーデバイスは最初は何もない四角い箱です。お客様ご自身でエクスプレッション(表情)を選び、サイズを選んで、デバイスを選択していく。そうすることで、何もなかったただの四角い箱が、心がワクワクしてくるようなご自身のワンダーへと成長していくというコンセプトの商品なんですよ。

…壁、床、すべて自然素材の木肌で満たされ、木の香りでいっぱいです。

岩越様
木のよさは見た目の美しさや心に落ち着きを与えるといった心理的な面だけではありません。木には断熱効果・調湿作用があり、夏は涼しく、冬は暖かい。冷暖房器具に頼らずに、木の機能で室内の快適さをキープする。温度や湿度という数字ではなく、“気持ちいい”“落ち着く”などという体感快適を重視し、体に心地いい空間作りを目指しました。
奥様
天然の無垢材は時間とともに飴色に変化していくそうです。私たちがこれからともに過ごす時間を家で実感できるのってステキですよね。共に成長していく我が家への愛着もさらに増していきそうです。

フローリングや壁には天然無垢材のパインを使用。表面が柔らかいのでペットのワンちゃんの足にも負担がかからない

パッチワークは奥様のお母さんの手作り。結婚のお祝いに…と随分前から少しづつ用意してくださっていたそう。プレゼントされたとき、奥様は感動で涙ぐんだそう。愛情のこもった大作です


2人の趣味の時間を大切に
大人だって遊べる空間に!

…お二人はビリヤード仲間だったそうですね

自宅1Fでビリヤードを楽しむ…そんな”夢”のような”家”が本当に実現!

ご主人様
ええ、滋賀をはじめ、大阪や京都から20名ほど集まるビリヤードの練習会で出会いました。
奥様
主人は飛びぬけて上手だったんですよ。なのに威張るでもなく、ショットのコツやテクニックを教えてくれて、私の一目ぼれでした。
ご主人様
いやいや(照)。
岩越様
ビリヤードルームを作るというのが、お二人からいただいた絶対条件。ビリヤード台は大きいし、重量もある。そこで企画プランではビルトインのガレージだった部屋を変更することにしました。
ご主人様
ビリヤード台が黒だったのでタイルもシックなブラックに。安田さんにも無理言って、ライティングにもいろいろ工夫をお願いしました。
安田
スポットライトもライトのレールも黒に合わせました。空間の雰囲気に合わせ、あまり明るくしすぎてもダメ、とはいえプレーするのに必要な光量は確保しなければと。街中のプールバーなど、商業施設では1本のライトを上から吊るしてというパターンが多いのですが、それだと真ん中だけが明かりが集中してしまいますからね。光の配分などを工夫しました。
ご主人様
おかげさまで朝に夜に、快適に練習ができています。

将来、フレキシブルに対応
夢いっぱいに、かしこく!

…2階まで吹き抜けの天井で、開放感も抜群ですね。間取りはどのようになっていますか。

2階から望むビリヤードルーム。ビリヤード台を真上から見ると、キューの打ち出す方向、あたった玉の進む方向などがわかりやすい。視線を変えるだけで、ビリヤードの新たな可能性が見えてくるそう

岩越様
1階にリビング・ダイニング、2階にお二人の寝室とワンちゃんたちのお部屋、フロア中央にセカンドリビングとしてのフリースペースを設け、ゆったりと過ごしていただけるようにしています。
奥様
吹き抜けにしたのは実は上からビリヤードのプレーをチェックするためでもあるんです。真俯瞰から見ることでボールの位置や狙い方を違った角度から検証できます。
岩越様
吹き抜けは将来、お二人に子供ができたときに部屋を増築できるように、化粧梁を入れています。部屋を作る時は床を貼って、ドアをつければ完成です。今は広い空間を楽しめるようになっています。構造上の基礎を組み込み、それでいて視界の邪魔にならぬよう、空間のアクセント的に梁を配したのが自慢です。
ご主人様
増築の際、一から基礎工事しなおすとなると大変ですが、将来まで考慮して提案いただき、感動しました。安田さんにご提案いただいた吹き抜けのシーリングファンも気に入っています。
安田
吹き抜けの必須アイテム、シーリングファンをご提案しました。ファンによる対流効果で冷暖房効果を高め、夏は涼しく、冬は暖かく過ごせるんですね。通常、この手のシーリングファンは白やシルバーなど無地でシンプルなものが多いのですが、空間の雰囲気と、上から下を見る視線を考慮し、羽根部に模様が入ったものを選びました。ダークブラウンがアクセントとなり、梁ともマッチしていると思います。

パーツや機能にもこだわって
個性的な照明でセンスを発揮

奥様
安田さんの照明はどれもとっても気に入っています。ひとつ付けるだけで空間の表情がランクアップする、凝ったデザインのものばかりでしょう。 主人がカタログで見ているときはどうかな?と思っていたものも、実物をつけてみると雰囲気にぴったり。さすが照明のプロだなと感心しました。
安田
ダイニングルームはハンドメイドのステンドグラスを使用したものを。階段には小物をディスプレーできる棚スタイルのものなど、個性的なデザインが評判の【オーデリック】のものをメインに配しました。

…カーテンやブラインドなど、ウィンドウ・トリートメントもフジワラさまのご担当ですよね。

安田
ええ、ビリヤードルームはシックな空間に合うバンブーブラインドを用いました。ウッドブラインドと同じような見た目と性能ながら、価格は安いのが特徴。予算内でいかにいい商品をご提案できるかが、当社のウリですからね(笑)。
ご主人様
照明、ウインドートリートメント、空調など、トータルでご提案いただけたので、予算をオーバーせずに、イメージ以上のすばらしいものをそろえることができました。本当にありがとうございました。

木の質感を邪魔せずに、さし色をプラスするステンドグラスの照明

階段途中というニッチなスペースに、小物をディスペレイできるユニークな照明


木のぬくもりに包まれ、落ち着いて過ごせる寝室。カーテンもステキ

大きなテラス戸を境にリビングとひとつながりになるデッキスペース。


ウッドデッキは時間が経つのを忘れてしまいそうな心地よさ。
朝ご飯やランチ、アフタヌーンティー、夏はバーベキューを楽しみたい…と夢がふくらむ

M様邸 PLANNING POINT

●住む人の趣味が見える楽しい家
●個性的な照明で、ウッド素材にアクセントを
●吹き抜けは上から見下ろす視線も考慮して

他のFuw Style Magazineへ >>


Fuw Style Magazine

メールでのお問い合わせはこちら

よくあるご質問


ページの先頭へ