新しく歩む2人の真っ白な人生を包み込む自然光とエコなLED光

真新しい家具の入ったリビングやキッチン…。「愛の巣」なんていうと、こそばゆくなりますが、ういういしい新婚さんの最初の住まいって、とっても大切な場ですよね。今回ご紹介するのは高砂市のS様邸。結婚されて3ヶ月という新婚ホヤホヤのご家庭です。ご主人がこだわられたのはエコ照明として人気のLED。そして撮影のときは隠してしまいましたが、実は台所には牛乳の空きパックがズラリ。「野菜を育てようと思って…」と微笑む奥様。省エネにこだわっておられるお二人の姿を見ていたら、心が真っ白に洗われるような気がしました。

(右)施主 S様
(中央)設計・施工 アイ建築工房株式会社 福井宏樹様
(左)弊社担当 営業ニ課 武本敏弘


心豊かな時間を過ごす 明るく、開放的な白い空間

歴史あるお寺の住職を務めるご主人様と奥様の新居は、お隣にご主人様のご両親のお家、お寺、道をはさんで向かいにはお寺とともに切盛りされている保育園がある、のどかな住宅街にありました。ぴっかぴかの新居は白い壁に白い床が光り輝くお部屋にこだわりの家具や照明を配したもの。これから少しずつ時を重ね、家族として、パートナーとして、二人の好みのカラーに染めていく、そのスタートしてぴったりの自由な空間でした。

…真っ白な空間がとても印象的なお家ですね。

吹き抜けが気持ちいいリビングルーム

S様
明るく開放的な空間となるよう"白"を基調とした設計をお願いしました。僕達夫婦は大学の友人の紹介で知り合ったのですが、親しく付き合う友人夫婦の家は皆、ダークな木目を用いた、重厚なイメージがほとんどなんですね。そこでせっかく新築するならば、新しい印象の家がいいなと思いまして、白にこだわり、間取りも一般的でないものを、とリクエストしたんですよ。
福井様
ご主人のご要望である白い壁と、白い床(フローリング)をベースに設計しました。ところどころに木をアクセント的に配しているのは奥さまのこだわりです。色目の淡い自然木を取り入れることで、冷たくシャープなイメージになりがちな白い空間を、ナチュラルな温かな雰囲気にすることができました。間取りとしては玄関入ってすぐ、2階まで吹き抜けの開放感のあるリビングルームが特徴的です。ただお家のすぐ南側に保育園があり、出迎えのお母さまや園児がたくさん通られますので、1階は明るさを確保しながらも、外部からの視線や防犯効果を考慮し、細長い窓にしました。その代わり、2階は大きな窓を設け、格子状のキャットウォークを設えることで、2階からの光を1階まで届くように工夫しています。夕方まではたっぷりの光が入り、太陽の日差しが作り出すコントラストが非常に美しい設計になっています。
S様
1階・2階と関係なく、どの部屋にいても、お互いの気配が感じられるのが気に入っています。

壁面に映し出される光と影が2人の時間を表情豊かに演出

…照明やカーテンなど、フジワラ様はどんなご提案をされましたか。

ライティングと快適な空調を考慮したシーリングファン照明

武本
8mの高さがある2階吹き抜けのリビングにはシーリングファン照明を設置し、光と空調という2つの機能を持たせました。羽部分はシルバーと木目のリバーシブルになっていて、回転速度を3段階に調整できるほか、夏と冬では逆回りになるようになっています。夏は冷たい空気を吸い上げ、冬は暖かい空気を下へ降ろす機能を持ち、エコで快適な空調を実現します。また焼酎や日本酒など、お酒が好きなお二人が夕食後、ゆったりとくつろげるよう、光の位置を自由に調節できるダクトレールのスポットライトを設置しています。また最近の住宅では、デザイン性、防犯性から細長い窓や小さな窓が見られるようになりました。細いから…ということでカーテンを取り付けない場合も多くありますが、外部からの目線が気になったり、ちょっと味気なかったりするものですよね。そこでS様にはロールスクリーンを提案させていただきました。色目を木目調のインテリアに合わせて無地でナチュラルなベージュ系にすることで、シンプルですっきり、お部屋にも統一感が出たと思います。
S様
あまりに居心地いいリビングが完成したため、夜はお酒を飲みながら50インチのプラズマTVでDVD鑑賞というのが習慣になってしまいましたよ(笑)。LEDのダウンライトは色調が変えられるほか、暗く~明るくといった、調光できるものを入れていただいたので、ダイナミックなアクションものやロマンティックな恋愛ものなど、DVDの内容に合わせて光を変化させ、ルームシアターさながらに愉しんでいます。

低消費電力で寿命が長い電球に代替できるLED電球

…照明にはLEDを積極的に取り入れられていますね。

調光やレールで光の演出は自由自在

S様
LED照明に興味はありましたが、一般家庭で使われている例があまりなく、正直なところ、少し不安でした。しかし、フジワラ様に長所や短所、省エネ性や経済性をわかりやすくご説明いただき、思い切って取りいれて大正解だったと思います。ともすれば白すぎて、落ち着かない空間が調光可能なLEDのダウンライトで陰影をつけることで、雰囲気が良くなりました。独身のころ、蛍光灯を使用していたときはしょっちゅう切れた電球を取り替える手間がかかっていましたが、LEDは一日10時間点灯で、約10年間もつそうなので、楽チンですね。
武本
特に電球交換がしにくい場所にはLEDはお勧めですね。またLED照明は、設置場所や用途に合わせて多彩なプランの設計が可能です。食事をしたり、くつろいだり、お客様を招いたりと多目的に使われるリビングは、それぞれのシーンに合わせたライティングができるよう、ペンダントライトに、ダウンライトやペンダントライト、ブラケットなど、いくつかの照明を組み合わせたプランをご提案しました。ダウンライト一つとっても、落ち着く電球色や白色、調光可能なものなど、さまざまなLEDを組み合わせています。ただキッチンは作業場なので、隅々まで明るくすることが原則ゆえ、影のできにくい蛍光灯を主照明として設置しました。

しっかりとした計画性をもって快適エコライフな住まいをお手伝い

…2階の寝室はシックな雰囲気でまとめられていますね。

寝室のターンアップスクリーンはS様ご夫婦もお気にいり

武本
寝室は落ち着いたブラウン系をもってきました。特にトーソーさんのターンアップスクリーン「ビジック」は僕的にはイチオシでした。シースルーとミディアムを交互に織り込んだスクリーンが上下に交差する、新しいタイプのロールスクリーンです。昼間は光をたっぷり採り込むシースルーのスクリーンを、プライベートタイムには視線を遮るミディアムタイプのスクリーンを、とスクリーンを降ろしたままでもお部屋に採り込む光の量を簡単・自在に調整できるのが特徴です。
福井様
このロールスクリーンは画期的ですよね。
S様
用もないのに開け閉めしたくなります(笑)。
福井様
フジワラ様は設計イメージにぴったりで、なおかつ機能的な商品をチョイスしてくださいますね。時代が求めるもの、住まう人の将来まで見越した提案力も尊敬します。
S様
LEDも初期費用投資額と10年間のランニングコストを考えて提案くださったので、比較検討できましたし、エコキュートのサイズを決めるときも、さまざまなシミュレーションをしてくださり、エコポイントやオール電化との組み合わせなど、いろいろ説明してもらえてよかったです。目先の費用にとらわれず、その後のランニングコストを見据え、環境まで視野に入れての提案…僕達が知らなかったことも多々あり、さすが空間プランナー、単に器具を設置だけする工務店さんとは違うなぁと2人で感心していたんですよ。
武本
現在の暮らしのことだけを考えての機種ですと、後々お子様が増えたとき取り替えの工事が大変だとか、配線ができないという可能性があります。「新築するときに言ってくれればよかったのに…」ということがないよう、あらゆる状況を検討し、ベストなプランをご提案させていただきました。S様はお二人の暮らしのことはもちろん、地球温暖化への影響が少ないエコキュートや省エネ・CO2削減のLEDなど、ご夫婦で地球環境のこともきちんと考えておられ、まさに次世代を担う理想のカップルですね。
S様
僕達も2人の人生を歩み始めたばかりですが、5年10年、そして家族が増えてライフスタイルが変わってもずっと、お付き合いくださいね。いい設計会社さんといい空間プランナーさんにめぐり合えて、本当に良かったと思います。

S様邸 PLANNING POINT

シーンに合わせて変化するライティング・LEDやエコキュートなど、高効率な省エネ機器・10年後を見据えたプランニング

他のFuw Style Magazineへ >>


Fuw Style Magazine

メールでのお問い合わせはこちら

よくあるご質問


ページの先頭へ