「暮らし」というものは十人十色 そこに暮らす人だけの正解がある

好きなカラー、好きなテイスト、好きなものに囲まれた住まう人にとって最も正しい空間…。
住空間は、公共的な空間や店舗と違って、こうあるべきという手本がありません。だからこそ、住空間づくりをコーディネートする私達は、そこに住まう人にとっての正解を大切にしたいと考えています。今回ご紹介するのは姫路市のA様邸。新築されたばかりの一軒家はアーリーアメリカン調の壁が印象的。玄関から中へお邪魔すると、ご家族の好きなものがいっぱい詰まった、プライベートギャラリーのような空間がありました。

(左)施主 A様
(右)設計 グリーンホームアドバンス株式会社 コーディネイター 宮川久美子様
(中央)弊社担当 営業一課 高山聖良


新しいライフスタイルに合わせた 暮らしやすい間取りとこだわりの内装

ご夫婦とお嬢様、ご子息の4人でマンションにお住まいだったA様。新築一軒家への住み替えを機に、ご主人様のお母様も家族の一員となる新しい生活が始まりました。伺ったお家はまるでギャラリーを思わせるような雰囲気。骨董品やアンティークが好きという奥様が集められた品々がセンスよく飾られています。「家族にとって心地いい空間をつくりたい」。そんな想いをどのようにしてかたちにされたのか、奥様とグリーンホームアドバンス株式会社の宮川様に伺いました。

…家の新築に際し、お考えになられたことから伺えますか。

家族が集うリビング・ダイニングは十分な明るさを確保

A様
マンション住まいから2階建ての一軒家という暮らしのスタイルの変化、義母を迎える家族構成の変化、この2つの変化に対応した暮らしやすい間取りを決め、そこに自分たちの好みやこだわりを加えていく進め方をとりました。

…実際はどのような間取りになっていますか。

A様
一階はリビング・ダイニングと義母の部屋を。義母の部屋に隣接して客間、その隣に和室の仏間を設けました。この3部屋は間仕切りをとると一続きとなり、親戚が集まる法事など、大人数も入れるようになっています。娘や息子の部屋、主寝室など、プライベートな空間はすべて2階へ集めています。

"見せ梁"を邪魔しないダウンライトと空間に個性を与えるペンダントライト

宮川様
リビング・ダイニングは、皆さんでくつろげるように、洋間の中に琉球畳に掘り座卓を配した和の小上がりをつくったのがポイントです。あとはそれぞれのご家族のライフスタイルに合わせた空間を考えました。例えば、お母様の部屋には夜、お茶が飲みたくなったりしたときにわざわざ、キッチンまで行かずに済むミニキッチンを、芸大生のお嬢様の部屋は工房を兼ねたいとのご要望でしたので、画材道具を洗える洗面台や道具や作品を収納できる広いウォークインクローゼット、作業とプライベートの区切りをつけるロフトなどを設置しています。またA様はアンティークの小物や置物をたくさんお持ちでしたので、1・2階ともそれらをディスプレーできる出窓や飾り棚など、趣味や生活雑貨のためのスペースを大きくとりいれています。新しいご家族の暮らしの形にフィットするよう効率的・機能的でありながら、A様ご家族の"好きやこだわり"を表現できる空間になっていると思います。

住み手の暮らしの価値観を活かし、演出するライティング

…フジワラ様は照明・カーテン・エアコンをご担当されたとか。まずは照明プランについてどのような点にこだわられたか教えていただけますか。

玄関は花をイメージしたシェードが柔らかな光をはなつ

高山
A様と宮川様がこだわられた意匠を邪魔せず、なおかつ単調な光にならないよう、めりはりを意識した照明プランを提案しました。例えば、くつろぎの空間であるリビングは主役である"見せ梁"を活かし、照度も十分とれるダウンライトを天井に埋め込みました。1つ1つの照明が互いに干渉しないように配置や数も考慮しています。逆に見せる照明の器具デザインはA様のご希望を反映し、例えば、1階のお母様のお部屋は和紙調のシーリングライトで、洋間ながら和の落ち着いた雰囲気を醸し出せるものなど、ご家族の好みに合わせたものを提案しています。

…LED照明も多用されていますね。

高山
A様がLED電球のストックをたくさんお持ちでしたので、色温度・演色性に富み、すぐれた省エネ性も両立するLEDのダウンライトをプランに組み込んでいます。お部屋のポイントとなる照明に関しては、A様に弊社ショールームをご覧いただき、部品の質感や光と影の模様までご確認いただきました。お求めいただいたアンティークシェードは温かみのある光の造形美を特徴としているのですが、それらはカタログの写真ではわからないものですし、実物を見て納得のものをお選びいただき、よかったと思います。
A様
ショールームに伺ったのは正解でしたね。特にリビング・ダイニングのペンダントライトは一目惚れ(笑)、とても気に入っています。たまたまおうかがいした時期、フジワラ様のショールームでセールされていて、お得な価格の掘り出しものも入手できましたので、予算内で良い買い物をすることができました。
宮川様
確かにリビング・ダイニングのペンダントライトは、ガラスシェードやアイアンの絶妙な緑色がA様好みの色ですよね。この種の照明器具のアイアンはアンティークブロンズがほとんどですから、有名メーカーや輸入ものなど、照明器具をの種類が豊富に展示されているフジワラさんのショールームならではの掘り出しものだったのではないでしょうか。
A様
フジワラさんに照明プランを依頼したというご縁が、我が家の素敵な照明と出会えるきっかけになったんですね。
高山
こちらこそ、お忙しい中、ショールームまでお越しいただいた事に大変感謝しております。新しいお家のイメージがふくらみやすいショールームでは、お二人ともテンションが上がっておられましたね(笑)。お気に入りの商品を見つけていただき、私もうれしいです。

相談しながらつくりこんでいく フレキシブルで楽しい家づくり

…カーテンもお部屋の雰囲気にぴったり合っていますね。

高山
カーテンやブラインドも弊社のショールームで、お選びいただきました。お部屋に入ったときに、視覚的に占める面積が広いアイテムですので、柄や色目など、実物大の布地をご覧いただくのが一番かと。緑色がお好きと伺っていましたので、さまざまなグリーンの布地のなかから一番しっくりくるものをお求めいただきました。
A様
マンション住まいのときもリビングは同じようなモスグリーンのカーテンだったんですよ。娘からは「前のリビングと同じやないの!」と呆れられましたが(笑)、結局は自分達が落ち着く色を選んでしまいますよね。
高山
ご家族が集われるリビングですから、馴染みのある、ご家族の好みの色を取り入れられることで居心地感も高まるのではないでしょうか。日々快適に生活するということは、ご家族に合ったスタイルを見つけるということ。A様はご家族のスタイルを大切にされていますね。

お嬢様の部屋にはウッドブラインドを設置

宮川様
お嬢様の部屋のウッドブラインドもA様スタイルですね。今回の設計ではA様がお好きなクラシックな雰囲気を大切に、色の濃いウォールナットを多用しているのですが、ウッドブラインドもいい感じに納まっていると思います。
A様
ずっとマンションの4階に住んでいましたので、子ども達にはカーテンを閉めるという習慣がないのですが、一軒家になりますと、やはり外からの視線も考慮しなければいけないでしょう。そこで開け閉めを意識するブラインドを取り入れようと。雰囲気のある木製は娘がチョイスしました。
高山
最近の木製のブラインドは品質も向上してゆがみや反りもなく、日々のお手入れがしやすいので、お勧めだと思います。住空間におけるインテリアや照明、エアコンはデザイン的要素も重要ですが、長く暮らしていくなかのメンテナンスやコストも大切です。例えば、A様にも提案させていただきましたダイキン工業さんのエアコンは、アフターサービス・メンテナンスを24時間365日ネットと電話で受付されています。実際に利用されているお客様からも評判が高いこともあり、弊社でも積極的にオススメしています。

ユニークなブリキのランプなど、随所に奥様のセンスがキラリ

宮川様
フジワラ様はトータルでプランしてくださるのがいいですね。弊社では"お客様にとって、建てる時から住んだ後々までご安心いただける安全な家づくりをご提供すること"をモットーとしておりますので、フジワラ様とご一緒に仕事ができて良かったです。特に今回はA様、私、高山様と女性ばかりでワイワイと意見を交換し、女子会のようで楽しかったですね。お手入れのしやすさなど、女性ならではの目線でこまやかな提案いただいたことも印象に残っています。
A様
エアコン、照明、カーテンのトータルなプランボードを作成してもらえたのが良かったですね。すべての予算を考慮しながら選択・変更でき、最終的に予算内でいいものが完成しました。お金を出せば、いいものを手に入れられるのは当然ですが、予算内でいかにいい商品を選び、いい住まいをつくりあげるか。それはやはり、いいコーディネーターさんやいいプランナーさんの力によるものが大きいと思います。私達家族の細かい要望に対し、お二人が親身となり、より良い素材、施工方法等を検討していただき、すべて希望に沿ったものになりました。ありがとうございました。

A様邸 PLANNING POINT

ご家族のスタイルに馴染む空間づくり・こだわりの意匠を邪魔しないライティング・メンテナンス性に優れた商品

他のFuw Style Magazineへ >>


Fuw Style Magazine

メールでのお問い合わせはこちら

よくあるご質問


ページの先頭へ