今回の対談のお相手は、「ダイキン HVACソリューション 近畿株式会社」 姫路営業所長の野田実さんです。水滴のようなぴちょん君の"うるるとさらら"で知られる空調機器トップメーカー「ダイキン工業」。その販売会社の所長を務められる野田さんをお迎えし、空調・エアコンのある快適な暮らしについて、お話をうかがいました。快適空間をトータルコーディネートしているフジワラにとって、心地よい照明と同じように重視しているのが心地よい空気です。空気・温度・湿度など、目に見えない商品のプランニングから始まり、話題は環境保全問題やオール電化人気まで広がりました。

冷暖房から除湿、換気や加湿まで、エアコンは快適空間の必需品

販売に精励したとしてダイキン工業より表彰されました

販売に精励したとしてダイキン工業より表彰されました

坂部
今日のネクタイは、"うるるとさらら"のキャラクター「ぴちょん君」の柄ですね。ぴちょん君は女性や子供を中心に人気が高いと伺っています。
野田様
おかげさまでぴちょん君人気にあやかって、弊社のルームエアコンはぐんぐんと売上を伸ばしています。フジワラ様にも毎年、弊社商品の売上に貢献いただき、ありがとうございます。もともとダイキン工業は業務用の空調メーカーというイメージが極めて強く、一般家庭ではその認知度が非常に低いという課題がありました。しかし業務用メーカーとして培った技術があり、機能には非常に自信をもっていましたので、そのベネフィットを伝えるキャラクターとして、ぴちょん君が誕生したんですよ。

野田 実さん

野田 実さん

坂部
"うるるとさらら"の発売は1999年でしたね。外気の水分を取り込み、加湿できる世界初のルームエアコンとして話題になったことを覚えています。ダイキン工業さんの商品はどれも、お客様に安心してオススメできる商品です。なかでもルームエアコンは冷暖房や除湿、さらには換気や加湿まで、室内の空気環境を整える必需品となっていますね。新居入居時をはじめ、子供部屋につけられたり、買い替えが必要になったり、とくに昨今では花粉症やアレルギーといった健康への配慮も加わって、一般家庭でも購入される機会が増えてきています。
野田様
温度や湿度の調整はもちろん、都心ではとくに抗菌や防塵、防臭などの浄化作用も心地よい空気の重要ポイントとなっています。 "空気品質"にこだわられるお客様が増えていているということですね。

ダイキンの技×フジワラの技が現実する省エネ・省コストプラン

坂部
お客様の部屋は長方形に細長かったり、2部屋がつながっていたり、L字型になっていたり…といった複雑な形状も少なくありません。エアコンはたいてい壁の隅っこに配置されますので、空間に温度ムラが出来ない4方気流は画期的ですね。温度設定を低く抑えられるのは経費節減、ひいては地球温暖化対策にもつながります。家庭で消費する電力の1/4を占めると言われているエアコンゆえ、私どももプランニングする際、省エネは大きなポイントです。特にエアコンは高額機種ほど電気代が安くなりますので、お部屋の使用目的や状況に合わせて商品を選び、本体価格だけでなく、使用期間のトータルコストもきちんと説明し、ご検討いただくようにしています。
野田様
コストだけでなく、時代の求める省エネ・エコ対策、空調に対する様々なお困りごとやご要望に全力でお応えされているフジワラ様のご提案に弊社の製品もお役に立てていることがうれしいですね。

坂部 公彦

坂部 公彦

坂部
2010年、"うるるとさらら"は上下左右の「4方気流」をプラスした新製品を売り出されましたね。
野田様
部屋の隅々まですばやく気流を行き渡らせることで、快適性をより向上させました。室内機に"世界初"となる横方向への吹出し口を配置、部屋全体を包み込むように快適な温度に保てるようになっています。空調機を室内の隅に設置した場合、横方向への気流や温度が調整しづらく、温度ムラも発生しやすいんですね。そのため能力過多の温度設定をしてしまい、省エネ運転を阻害するという課題がありました。そんな温度ムラが減少するよう、この4方気流が開発されたんです。
4方気流

4方気流


迅速かつ優れたフォロー体制 設計から施工後の管理まで考慮

野田様
インテリアと違って空調設備は配線の問題があります。配線工事を追加して予算オーバーになった、予算はあるのに工事が不可能なので希望のエアコンが選べないといったトラブルは少なくないようです。その点、フジワラ様は設計事務所や施工会社さんとともに仕事をされているので現場をよくご存知であり、早い段階から空調のプランを組めるので省工事になりますね。
坂部
「こうしたかったのに、どうして言ってくれなかったの?」というクレームがないよう、多角的に検討し、ベストなプランをご提案しています。また設置前はもちろん、設置後のメンテナンスにも力を入れています。弊社がダイキン工業さんの商品をお客様に推薦しているのは、24時間365日コールセンターが対応してくださる、メンテナンスの素晴らしさもあるんですよ。お客様から「フジワラの言う通り、ダイキン工業さんの商品を選んでよかった」との言葉をいただくと、私どもも鼻が高いです。日ごろの弊社からの問い合わせに対する迅速なご対応から、一般ユーザーさんへの御社の姿勢も垣間見えるような気がします。
野田様
弊社の商品を選んでいただくために品質・価格・納期は重要ですが、最後の決め手となるのは"人"と思っています。その点、フジワラ様と弊社では"人"の信用を積み重ねていると自負しております。
坂部
もちろんです。ダイキンさん、野田さんとなら絶対に安心…、私も今までの経験から「事業は人である」と考えています。

"空気品質"にこだわるフジワラは、オール電化、温水床暖房にも注目

これからもフジワラとダイキン工業で力を合わせ、快適な空調、満足の空間作りを行います

これからもフジワラとダイキンで力を合わせ、快適な空調、満足の空間作りを行います

「ホッとエコフロア」の経済性と環境性

「ホッとエコフロア」の経済性と環境性

坂部
ダイキン工業さんではエコキュートやIHクッキングヒーターでのオール電化、床暖房、ソーラーパネルにも力を入れておられますね。火を使用しなくてもいいオール電化の暮らしは、今や時代の主流となりつつあります。皆さん最初は「オール電化は電気代が高くなるのでは?」と思われがちですが、基本料金や夜間料金の割引など、意外と電気代はかからないですよね。高齢化社会において火を使わない安全な暮らしを実現できるほか、手入れが簡単なことから忙しい共働きのご夫婦からも人気を集めています。
野田様
オール電化のなかでも健康志向や低価格商品が増えたことで、床暖房が人気を高めていますね。床暖房ならば、空気が乾燥したり、ほこりが舞ったりすることもありませんし、石油やガスストーブのように燃焼が行われるわけではありませんので、空気が汚れる心配がありません。清潔な空気環境を保つことができる点が魅力です。現在、弊社ではヒートポンプ式の温水床暖房「ホッとエコフロア」に力を入れています。従来の温水床暖房は温水をつくるのにガスなどの熱源を利用しますが、「ホッとエコフロア」は温水を電気式のヒートポンプでつくります。ランニングコストはガス温水式の半分以下という省エネ性に加えて、安全で有害物質を発生しないなど、メリットが多いんですよ。
坂部
今後も御社ご自慢の「うるるとさらら」や「ホッとエコフロア」で快適な空気を保ちつつ、クリーンさや節約効果も、という盛りだくさんなプランニングを提案・実現していきたいと思いますので、何卒よろしくお願いいたします。

ダイキン HVACソリューション 近畿株式会社

空調総合メーカー「ダイキン工業」のグループ内、販売専門会社。住宅、店舗、会社、工場にいたるまで、近畿エリアのあらゆるニーズに対し、最新の空調システムの提案販売を主とし、迅速な対応サービスを提供。

http://www.daikin.co.jp/group/dkhvac/itiran/

野田 実さん

ダイキンHVACソリューション近畿株式会社姫路営業所の所長として営業マンをとりまとめる。エアコンのことなら天埋型から壁埋型、床置型、業務用まで全てお任せ!各機種の特徴はもちろん設置・クリーニングまでその対応の早さは営業所一。


【特集】メーカー×フジワラ 対談

メールでのお問い合わせはこちら

よくあるご質問


ページの先頭へ