光で雰囲気作り

■カラーライティング■

最近カラーライティングのご要望をいただく機会が増えてきています。

 

 

以前に比べ商品のバリエーションも増え、機能や価格でご要望に合わせた提案ができるようになりました。

 

 

カラーライティングといえば店舗などのサイン看板がメインでしたが、最近では店内照明などの屋内空間、ホテルをはじめ居住空間への展開も広がっています。

 

 

 

このようなフルカラーでの色変化はLED照明の特色のひとつですが、色々なメーカー、商品がありそれぞれの案件に合わせた器具選定が提案のポイントのようです。

 

~施工~

以前は別置専用電源がメインでしたが、最近は100V電源でそのまま使用できる商品もございます。

 

~操作~

固定色もございますが、カラーライティングを楽しむならばフルカラー調色がお勧めです。

専用コントローラでの操作となりますが、Bluetoothにてリモコン操作または専用アプリでスマートフォンからの操作が可能な商品もございます。

 

~演出~

照明器具本体を見せるか間接照明として器具本体は見せないかで大きく異なります。

器具が見えるようなケースではサイズや形状も大事ですが、それ以上に色の表現方法に留意します。

※例えば紫色を表現する際に赤色と青色を交互に点灯させ表現する商品がございます。

 間接光は紫色ですが器具本体は青色・赤色の交互点灯となるので器具が見えるケースは適しません。

 

~価格~

単色固定の商品がより安価ではありますが、フルカラー調色照明でもメーカーによっては簡単なループ(7色が順番に点灯)であれば簡易スイッチにて対応できるような商品もございます。

 

 

他にも水の波紋のような模様を動かしならがフルカラーで色変化する照明器具もございます。

こちらの事例は壁面を波のような凹凸のある仕上げとし、より水が流れる感じを演出しています。

海外製品では専用アプリにて音楽に合わせて複数のフルカラー照明が点灯消灯・色変化などで自動で演出する、まるで舞台照明のような空間を簡単に表現できる商品もございます。

 

 

是非、皆様の身の回りでもカラーライティングを試してみませんか。

 

 

 

 

 

コラム

株式会社フジワラ 採用情報

メールでのお問い合わせはこちら

よくあるご質問


ページの先頭へ