光で雰囲気作り

■海外の名作照明■

今回は海外の名作照明を2点紹介します。

 

 

 

 

 

①品名:VL45Rädio House Pendant(VL45ラジオハウスペンダント)_1940s

作者:VilhelmLauritzen(ヴィルヘルム・ラウリッツェン)
販売元:ルイスポールセン

 

 

デンマークの建築家、ヴィルヘルム・ラウリッツェン作のペンダントライトです。

乳白色のガラスシェード越しの光が周囲に光を拡散する一方、下側の開口部からの直接光がテーブルなどを照らします。

1940年代にラジオ局本社のために製作されたものですが、現代のインテリアスタイルにもマッチするデザインと実用性を兼ね備えています。

 

 

 

 

 

②品名:Lamp de Marseille(ランプドマルセイユ)_1947-52

作者:Le Corbusier(ル・コルビュジエ)
販売元:ヤマギワ

 

 

20世紀を代表する建築家、ル・コルビュジエが集合住宅ユニテ・ダビタシオンのために自身でデザインした壁付けのランプを復刻したものです。上部にも電球があり、上向きの光で間接光を作り出すことができます。

シェードの向きやアームの角度を自由に変えられるため、ダイニングや書斎のタスクライトとして、またソファやベッドサイドの読書灯としてなど様々なシーンに合わせた使い方が可能です。

 

 

 

名作と呼ばれる照明器具は時代を超えて造形的な美しさだけでなく、空間にあった光の演出をかなえてくれる実用性も兼ね備えています。

今回ご紹介した商品以外にも日本で買える海外照明は数多くありますので、お気に入りの1点を探してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

コラム

株式会社フジワラ 採用情報

メールでのお問い合わせはこちら

よくあるご質問


ページの先頭へ