光で雰囲気作り

カーテン選びのポイント

 

カーテンは、新築はもちろんリフォーム、引っ越し、模様替えのときに比較的気軽にインテリアを変えることができるアイテムです。今回は、色やデザイン以外でカーテンを選ぶときのポイントを簡単に紹介します。

 

 

 

 

【窓の使い方を考える】
・出入りのあるお庭やバルコニーに面した掃き出し窓の場合
⇒ロールスクリーン等のメカ物より、カーテンの方が開け閉めし易く出入りが楽になります。
・採光の為の窓
⇒型板ガラスの場合等、カーテンが不要な場合も…但し外部からぼやけた像は見えるので注意が必要です。
・取付位置が高い窓
⇒カーテンよりロールスクリーン等のメカ物の方が操作し易いでしょう。

など、極端な例でありますが、ご家族の生活に合った使い方をイメージしましょう。
カーテンが良いのか、ロールスクリーン、ブラインド等が良いのか大体決まってきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【部屋に必要なカーテンの役割】
カーテンをどのように使うかです。遮光、遮熱、遮像、間仕切りなど用途も様々です。
・リビングは、光を取り入れたいが、外からの家の中の様子が見えにくい遮像のもの。
・寝室は、朝日、日中の光を入れない遮光性の高いもの。
・寒さが気になる部屋は、熱を逃がさない遮熱や厚手のもの。
・水廻りは、水や汚れに強く、防カビ、撥水加工されたもの。
など、部屋や人によって必要なカーテンの役割はそれぞれあります。


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

上記のポイントを頭に入れてカーテン、ロールスクリーン等の生地選びをすると、たくさんの種類の中からお客様の要望に沿ったものがきっと見つかると思います。

 

 

 

 

コラム

メールでのお問い合わせはこちら

よくあるご質問


ページの先頭へ