人感センサーの点灯モード

人感センサーの点灯モード

今回は、玄関ポーチなどの照明でよく使用する人感センサーについて少しお話をしたいと思います。

人感センサーは人を感知して、自動的にあかりを点灯・消灯させる機能です。

消し忘れの心配がなくスイッチ操作の必要もありません。便利で省エネ、深夜の安全や防犯にも役立つとても便利なあかりです。

 

人感センサーには使う場所や用途によって備わっている機能が違います。それにはいくつかの点灯モードがありますが、実はどんな点灯モードがあるのかご存じない方も多いのではないでしょうか。そこで代表的な点灯モードをご紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

【ON-OFFモード】

・・・人が近づけば点灯し、離れると消灯するモードです。必要最小限の点灯で済みますので
経済的ですね。省エネを優先した機能と言えるかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【調光モード】

・・・ほんのり点灯し、人が近づけば100%点灯、離れるとほんのり点灯に戻るモードです。常夜灯として防犯や景観を重視した機能と言えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【6hタイマーモード】

・・・6時間を経過すると調光モードからON-OFFモードに自動で切り替わるモードです。 例えば、帰宅時間の18:00~24:00までは調光モードにして、それ以降の深夜は ON-OFFモードで省エネにしたいときなどに使う機能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この様に人感センサーには点灯モードがあり、用途や使用する電球によって最適の点灯モードを選ぶ必要があります。また、センサーの種類によって選択出来るモードが違ってきますので、センサー機能の付いた照明器具を選ばれる際はよくご確認ご相談のうえご購入ください。

 

 

 

コラム

メールでのお問い合わせはこちら

よくあるご質問


ページの先頭へ