窓際からの節電方法

窓際からの節電方法

今年の夏は関東地方だけではなく関西地方でも節電に対する意識が高くなっているのではないでしょうか。

 

節電といえば電球をLEDに取り替えたり、エアコンと扇風機を併用して冷房効果を高めたりといったことを意識されているかと思いますが、今回は窓際からの節電方法のご紹介をしたいと思います。

 

 

 

 

 

 

まず、室内の温度上昇の原因となる熱の約71%は窓から入ってくると言われています。

 

つまり窓からの直射熱や反射熱を遮ることによって室内の温度上昇を緩和させることができ、エアコンの電気代を抑えることができます。

 

窓の外にすだれを付けて日射しを遮ったり、窓とカーテンの間に遮熱タイプのブラインド゙を付け足したりすることによって窓から熱の侵入を防ぎ、室温の上昇を抑えることができます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あと、レースを遮熱タイプの物に取り替えるのも効果的です。日中はドレープを引き分け、レースのみ窓際に吊るされた状態が一般的ですが、このレースにも遮熱タイプがあります。

 

特殊な繊維を使う遮熱レースは太陽光を乱反射し、紫外線の透過を高いレベルで防ぐことができます。レースを取り替えるだけでも節電効果を計ることができますよ。

 

今年の夏は、節電対策の一環として窓際からの遮熱対策はいかがでしょうか。

 

コラム

メールでのお問い合わせはこちら

よくあるご質問


ページの先頭へ