LED照明の明かりと調光

LED照明の明かりと調光

今年も節電の夏が謳われる中、ますます注目を浴びているLED照明。

近年の低価格化、種類の豊富さも相まって、その需要は以前よりも高まっています。

そんなLED照明ですが、改善されているのは明るさや価格だけではありません。 各メーカー独自性のある製品展開をされていますが、本日はその中でも 「LED照明の調光」をテーマにお話させていただきます

 

 

 

 

調光とは、その名の通り明るさを調整する事ですが LED照明の調光には、従来の白熱灯器具と異なり、ひとつ弱点がありました。 白熱灯器具を調光した場合、明るさの低下に伴って明かりの色も オレンジがかったものに変色し、それによって趣のある調光を実現していました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、LED照明を調光した場合に得られる変化は、明るさの低下のみなのです。 その為、陰影のある光ではなく、ほの暗いといった印象を持つ調光になっていたのが去年の話でした。

 

 

 

 

 

 

 

しかしそれは去年の話。 今年はいよいよ調光に合わせて光の色も変化するLED照明が市場に登場し これで白熱灯器具さながらの、趣のあるLED照明の調光が実現されるようになったのです。

 

LED照明の技術は、今尚日進月歩で改善されています。 半年後、一年後には、どんな新しい製品で市場を賑わしてくれるのか、とても楽しみですね。

 

 

 

コラム

メールでのお問い合わせはこちら

よくあるご質問


ページの先頭へ