"あかり"のあるちょっといい

窓まわりのひと工夫

 今年は節電の夏ですね。寒いくらいに冷房の効いていた電車やコンビニも今は涼しいというより若干暑い気がします。扇風機が飛ぶように売れ、よしずやすだれ、緑のカーテンも例年と比べ、売り上げが伸びているようです。オフィスでも家庭でも節電を意識した活動をよく目にします。みんなで協力して、節電の夏を乗り切りたいですね。

 とはいえ、暑い日が続いているので、エアコンを全く使わないというのは大変かと思います。そこで、カーテンやブラインドなどで窓からもエアコンの消費電力を節電してはどうでしょうか。

 エアコンを運転しているときは窓を閉めていると思いますが、カーテンも一緒に閉めることで、夏は部屋への直射日光を遮り、室温の上昇を抑えることができるので冷房効率がアップします。冬は窓から入る冷気を防ぎ、部屋の暖かい空気を外へ逃げにくくすることで暖房効率がアップします。夏は室内へ入ってくる熱の約7割は開口部(窓)からといわれています。逆に、冬はその開口部から室内の熱が外へ逃げてしまうことになります。そこで、開口部からの熱の出入りを調節する夏の遮熱・冬の断熱が大切になってきます。

 各メーカー、遮熱カーテンや遮熱ブラインド・遮熱スクリーンなどの節電に特化した商品も充実してきています。これからはカーテンの購入の際、装飾性、メンテナンス(クリーニング等)などと一緒に、節電も意識して選んでみるのもいいかもしれません。
どうぞご期待ください。


コラム

メールでのお問い合わせはこちら

よくあるご質問


ページの先頭へ